FC2ブログ

銘柄間格差が一段と拡大!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

“日本株は買いか?売りか?”という
最も基本的なことで迷っている
個人投資家が多いようです。
そこで、現在の市場を取り巻くプラス材料と
マイナス材料について整理してみました。
プラス面については、
1.NY市場が史上最高値を更新しており、
東京市場の出遅れ感が顕著になっている
2.英EU離脱による市場の混乱はほぼ終息
した
3.28兆円強の大規模な経済対策への期待
が高い
4.第1四半期業績の開示に伴い、市場に
悪材料出尽くし感が出やすくなっている
5.今回、日銀がETF買い入れ枠を大幅拡大
したことが相場の下値支え要因になる

次にマイナス面については、
1.日銀の金融政策に手詰まり感が見え始め
ている
2.円高進行や新興国経済の低迷を背景に
企業業績への不安が残る
3.需給面では海外投資家や個人投資家の
買いが期待しにくい
4.日経平均17,000円前後は過去の累積売買
が多く、売り圧力が強い
米国の利上げについては、9月説もあり、
現時点では中立要因でしょうか。

以上のように見てみると、好悪材料が拮抗して
おり、上値を大きく切り上げる展開にはなりにく
そうですが、一方で下値不安もあまりない
思われます。
従って、当面は一定のレンジ内での動きでしょうか。
ただ、業績開示を機に銘柄間格差が一段と大きく
なるはずであり、これからは“森よりも木を見る”
ことが大事だということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
5,000円(税込)でお客様の投資金額に応じた
渾身の1銘柄を推奨します。
また、投資資金に指定がない場合、100万円以下で買える銘柄を!
原則、ご入会から1週間以内に銘柄をご紹介します。
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみ、
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに1週間以上
お時間をいただく場合もございます。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース