☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

米国の大統領選はヒラリー・クリントン氏
当選の可能性がかなり高くなったと誰もが
思っていた矢先、勝敗の行方を大きく
変えかねない予想外の材料が出てきました。
FBI(米連邦捜査局)が例の私用メール問題
の再調査を始めたとのニュースです。

FBIは7月に、
「極めて軽率だったが、意図的に違法行為を
した証拠は見つからなかった」として訴追を
見送ったばかりですが、別事件で大量のメール
の存在が明らかになり、これらに機密情報が
含まれていないかを調査する方針だそうです。

大統領選が10日後に迫ったこの時期になぜ
との疑問を禁じ得ませんが、FBIにしてみれば、
もし大統領選が終わった後にこの発表をする
と反クリントン陣営からに故意にクリントン氏に
味方したと非難されることは必至であり、
それを避けたかったのかもしれません。
その代り、大統領選までには結果を出さず、
クリントン陣営にも一定の配慮をするということ
でしょうか。

いずれにせよ、クリントン氏の楽勝ムードは
一気に吹っ飛び、全く行方がわからなくなり
ました。
過去にも選挙直前の出来事でそれまでの
支持率が大逆転したケースが何回もあります。
もしトランプ氏が大統領になった場合は、
政治・外交のみならず、経済においても完全な
視界不良となり、市場のダメージはかなり
大きいと思われます。

不人気対決とはいえ、11月8日の選挙結果
世界中が固唾を呑んで注目しています。

それでは、また来週!

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、
日経CNBCなど、世界的な経済メディアより
取材を受け、話題の企業ニュースに関する
見解・コメントを提供しております。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク