☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

市場もマスメディアもトランプ次期大統領
の一言一句に大騒ぎしています。
11日の記者会見で「日本」が名指しされた
とか、「トヨタ」が非難されたとか、全く
的外れもいいところです。
最近の動きを見ればわかるとおり、
トランプ氏は広告塔のような存在であり、
実際の政策はトランプチームの面々が
仕切るという形になるはずです。

従って、トランプ発言に一喜一憂するの
ではなく、重要スタッフや閣僚などの
言動こそ注目すべきなのです。
そして、彼らはどのように考え行動するのか?
答えは共和党とある程度歩調を合わせながら
現実路線を進むということです。

ここでポイントは、共和党は財政規律を
重んじる政党であり、小さな政府を
目指しているということです。
現時点で、新政権の看板政策である
大規模インフラ投資や巨額法人減税に
ついて大きな声では言えない理由が
ここにあります。
すなわち、これから共和党との調整
残っているということです。
大統領といえども、議会とケンカしては
何もできません。

そもそもトランプ氏の大風呂敷がそのまま
実現すると考えること自体が楽観的過ぎ
るのです。
当メルマガでも再三述べているとおり、
最近の世界的な上昇相場について、
期待を込めて“トランプ相場”というのは
わかりますが、本質は、
米国経済復活”相場
と言うべきものです。

結論を言えば、最近の一本調子の上昇
に対して、ここで程よい調整が入ったと
見るべきであり、米国経済復活相場が
簡単に終わるわけでもなく、決して
弱気になる必要はないということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠あるバリュー株を配信いたします。
★2016年の配信銘柄のパフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク