☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今週の東京市場は上値が重く冴えない
動きになりました。
後講釈が得意なメディアは材料難で
片付けていますが、果たしてそうでしょうか。
米国経済の拡大やトランプ政策への期待
からNY市場は連日史上最高値を更新、
欧州市場も堅調、国内の企業業績は順調、
材料難どころか、たくさんの好材料があります。
それでも東京市場は上がらない、なぜか?
その要因は、東芝(6502)三菱重工(7011)
にあると見ています。

東芝については改めて述べる必要はない
と思いますが、米原子力事業ののれん代と
して7,000億円強の減損処理、経営者の
判断力のお粗末さには呆れるばかりです。
三菱重工は国内旅客機MRJの再三納期
延長、日立との合弁会社で発生した
南ア火力発電所建設における
7,600億円強の損失で日立と内輪もめ、
さらに米国原発事業で現地電力会社から
7,000億円超の賠償請求問題も抱えており、
企業体質の甘さが際立っています。

日本の代表的企業のマヌケぶりが
世界に喧伝されて海外投資家が日本株に
慎重になっているのでしょう。
海外投資家は2月の第2週は4週間ぶりの
買い越しに転じたところですが、また
売り越しに戻ってしまったのかもしれません。
日本の経営者に疑心暗鬼になるのは
仕方がないのでしょう。

しかしながら、このことで海外投資家が
日本株を見放すことにはならないはずです。
東芝や三菱重工のような経営者ばかりでは
ないからです。
ただ、彼らの銘柄選別において、企業統治の
あり方
経営者の資質が厳しくチェック
されることになるのは間違いないでしょう。

それでは、また来週!

バリューサーチ投資顧問の代表の分析力
世界のBloomberg Newsにも高く評価されています。
当社代表のコメントが引用されているニュース記事↓
「日立株と三菱重株が下落-南ア発電事業のトラブル深刻化を嫌気」
(2017年2月9日ブルームバーグニュース配信)
当社では、米ワシントンポスト紙ロイター
日経CNBCなど、世界的な経済メディアより取材
を受け、話題の企業ニュースに関する的確な
見解・コメントを提供しております。
★バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴★
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠あるバリュー株を配信いたします。
★2016年の配信銘柄のパフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト

スポンサーリンク