☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

北朝鮮を取り巻く状況がかなり緊迫化
しています。
故金日成主席の生誕105年を迎える
本日15日が大きなヤマ場になるのは
間違いないでしょう。
考えられるシナリオは以下の3つだと
思います。

(シナリオ1)
中国の働きかけが奏功し、北朝鮮が
核実験を思い止まる。
(シナリオ2)
北朝鮮が核実験に踏み切り、米国が
軍事的な攻撃を行う。
(シナリオ3)
北朝鮮が核実験に踏み踏み切るが、
米軍は動かない。

シナリオ3については、既に米軍は
朝鮮半島の近海に攻撃体制
を整えて
おり、またトランプ大統領や政権幹部
の発言を見てもまずあり得ないでしょう。
それでは、シナリオ1か2ということに
なると思いますが、それぞれが株式市場
に与える影響について考えてみたいと
思います。

シナリオ1の場合は、取りあえず、
来週以降、株式市場は落ち着きを
取り戻すでしょう。
そして、市場の関心は今期業績や
日米経済対話に向かうと思われます。
ただ、これで北朝鮮問題が解決したこと
にはなりませんので、いずれこの問題は
再浮上
するでしょう。

シナリオ2の場合は、どのような結末に
なるにしろ、短時間で終わるのでないで
しょうか。
米軍と北朝鮮では軍事力に圧倒的な差
があり、北朝鮮の反撃を許すとは思えない
からです。
そもそも北朝鮮の反撃を許す余地がある
ならば米国は軍事行動に踏み切らない
はずです。
週明け月曜日の相場が始まるまでに
決着すれば、悪の根源が絶たれたと
株式市場は歓迎することになるでしょう。

それにしても、全く危機感がない野党議員
やマスメディア、本当に日本のことを考えて
いるのでしょうか
、ただただ呆れるばかり
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2016年の空売り推奨実績
===========================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク