☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

米国では新政権発足から最初の
100日間をハネムーン期間と言います。
この間、マスメディアは新政権に対して
性急な評価を避けるという歴史的な
習慣となっています。
今年1月に就任したトランプ大統領は
本日4月29日がハネムーン期間終了に
なりますが、トランプ大統領の場合は、
選挙中から主要メディアと激しく対立して
いましたので、ハネムーン期間なしと
いう異例の事態となりました。

通例では、ハネムーン期間の終了した後
には、
「最初の100日間は成功であったかどうか」
を厳しく問うのですが、今回の場合はもはや
そのようなことをする必要はないでしょう。
既にマスメディアは新政権に対して
十分過ぎるほど批判をしているからです。

しかしながら、これからはマスメディアは
新政権に対して好意的になると見ています。
その理由は、移民規制や保護主義政策の
急先鋒であったバノン首席戦略官の力が
政権内で急速に落ちており、一方で
反バノン派の閣僚やスタッフの発言力が
一気に増しているからです。
このことは今後の政策がより現実的になり、
また議会、特に共和党との協調を重んじる
姿勢に転じることを意味しています。

トランプ政権のハネムーンは大変厳しい
ものだっただけに、この間に政策面の調整
を余儀なくされたことは却って良かったの
ではないかと思います。
マスメディアとのハネムーンはありません
でしたが、これからは株式市場との
ハネムーンが始まると見ています。

それでは、また来週!

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、
日経CNBCなど、世界的な経済メディアより
取材を受け、話題の企業ニュースに関する
見解・コメントを提供しております。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト