☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

わが国の株式投信残高が43兆円と90年以来の
高水準となりました(※2006年3月現在)。
個人の大量の資金が投資信託を通して株式市場に
流入してきており、
今後、投資信託が市場に大きな影響を与えることは
間違いないでしょう。
そこで、
投資信託がどのような銘柄を買うのか
を探っておくことが、
今後の株式投資に少なからぬ
ヒントを与えてくれる
と思われます。

まず、
投資信託の投資対象
について触れておきましょう。
各投信会社は銘柄を調査するアナリストを抱えて
いますが、全銘柄をカバーすることは不可能なため、
流動性や市場性の面から
主力株や中堅どころの500銘柄前後
に絞り込んでいるのが一般的です。
もちろん、
新興市場などの小型株も投資対象に加えていますが、
その場合も、
時価総額が大きな銘柄
または
最近出来高が増えてきた銘柄
ということになります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<携帯版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
携帯電話上で、割安株スクリーニングができます。
「比較的短期で値上がりが期待できる」当社の推奨銘柄を
毎日更新。詳しくはこちら↓
http://value-search.co.jp/syosai_m.htm
=======================================
このような投資対象から銘柄選択をするわけですが、
当然ながら当面の業績を重視しますが、
割安度については、
割安が顕著な銘柄というよりも、
とんでもなく割高な銘柄には投資しない
という傾向が強いのです。
その理由は、
投資対象である銘柄群の中で
極端に割安に放置されている銘柄はほとんどない
からです。

逆に言えば、
今のところ投資信託の対象でない銘柄群、
すなわち
時価総額が小さな銘柄や出来高が少ない銘柄の中に
掘出物がある

ということです。
これらの中から好業績銘柄を選び、
出来高が少ない時期に仕込んでおく

のもなかなか面白い戦略なのです。
出来高が増えれば、
投資信託の優秀なファンドマネジャーが、突然買い出し、
株価上昇に一役も二役も貢献してくれること請け合い
だからです。
少し時間がかかるかもしれませんが、うまくいけば、
プロに勝ったという投資の醍醐味を十分味わえるはずです。

ライブドア事件以来、小型株が冴えないのは
小型株だからという理由ではなく、割高な銘柄が多く、
その割には独創的なビジネスモデルも有せず、
単にムードで上昇した銘柄が多いからです。
反対に
好業績な割安株
そして
時代ニーズにあったビジネスモデルを有する小型株
ならば十分魅力があるということです。

それでは、また来週!

☆実体験コーナー

■この1年間(※2006年3月現在)で検証すると
「PER」「経常利益」が最も有効な割安指標でした。
「銘柄発掘ナビ」割安株セレクトでのウェイトを
「PER」50%「経常利益」50%他の指標はゼロで、
検索してみてください。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02wgt.asp?from=sel
(サンプルは日経225銘柄が対象、会員サイトは
全上場銘柄が対象です。)

■当社の「投資助言サービス」は初心者でも十分
受け入れられます。
投資顧問料も格安、成功報酬も一切ありません。
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト