FC2ブログ

続編-日米FTA協議!

トランプ米大統領が初来日しました。
今回の来日の目的はいくつかあると
思いますが、その中でも新たなテーマ
として日米FTAが具体的に出て来る
のかに注目しています。
実は今年2月の日米首脳会談直後に
当欄「次は日米FTA協議!」(2月11日号)
で以下のように述べました。

「米日首脳会談の第1ラウンドが終わり
ました。・・・米国にとって重要なポイン
トは、TPP離脱に替る政策を一日も早く
具体化させることだと思います。
中国のFTAAPに対抗するためにも
不可欠です。その政策は2国間で
FTA(自由貿易協定)の締結になるで
しょう。

そのターゲットはEUを離脱した英国
あり、中国に続いて貿易赤字の大きい
日本です。既に安倍首相は日米FTA
協議に反対しないと表明しています。
米国としては日米でFTAを早期締結し、
それをモデルに他のTPP参加国とも
締結したいということでしょう。

・・・日米FTA協議はかなり厳しい交渉
になるはずです。まず、やり玉に挙がる
のがコメ、麦、牛豚肉、乳製品など
いわゆる聖域5項目でしょう。」と。

米国抜きの11ヶ国でTPP協議は継続
されているなど2月の状況と多少
異なって来ていますが、もし
日米FTA協議が具体化するならば、
功罪含め株式市場にも少なからず影響
があるでしょう。

それでは、また来週!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<信用空売り型> 
「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)

約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2017の空売り推奨実績
===========================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース