FC2ブログ
市場で最も注目されているのは、
半導体相場はひとまず終わりなのか、
それとも一過性の調整を経て
長期上昇トレンドに戻るのか
ということです。
この議論の本質は、半導体の成長は
過去の短期的な
“シリコンサイクル”
の枠の中に留まるのか、それとも
中長期的に需要が拡大する
“スーパーサイクル”
という新たなステージへ移行したの
かということだと思います。

結論から言えば、モノのインターネット化
(IoT)や自動車の自動化、AIの本格的な
普及、またデータセンターやスマホ向け
など、今後は半導体需要が爆発的に
伸びると思われ、
“スーパーサイクル”
のステージへ移行したと見るのが
妥当だと思います。
ただ、半導体関連株は今まで調整
らしい調整もなく、一本調子で上昇
してきましたので、ここで一時的な
調整が必要だったということでしょう。

従って、これらの銘柄は押し目買い
を入れる文字通り良いチャンスと
考えています。
そこで、買いのタイミングがポイント
になります。
何を目安にしたら良いのか?
それはズバリ!
米ナスダック市場の動きです。
事実、NYダウが史上最高益更新しても
半導体関連株はほとんど連動しません
が、ナスダック市場の動きには敏感に
反応します。

そのナスダック市場は昨日、
81.05ポイント高の6936.58ポイントと
13営業日ぶりに史上最高値を更新して
終わっています。
来週の東京市場、半導体関連株の
動きは如何に!

それでは、また来週!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社の
「投資助言サービス」 <ブルベア型>
ブル(買い)&ベア(空売り)銘柄を配信!
週1回、ペア銘柄を1セットご紹介!
株価が調整する局面、
株価変動リスクをヘッジしたい方に!
※空売りはリスクある取引です。
お客様自身で損切りラインを設定して
いただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が
必要です。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>サービス内容はこちら
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト

スポンサーリンク