FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

以下、米国株の乱高下に関する
慶大櫻川教授のコメントです
(日本経済新聞掲載)。

「株価の決定理論に基づき、低金利下
では株価は乱高下しやすい。
企業業績の将来見通しはそのままと
して、実質金利が3%から3.1%に上昇
すると、株価は3.3%下落する。
だが実質金利が1%から1.1%に上昇
すれば、上昇幅は同じ0.1ポイントでも、
株価は約9%下落する。
長期金利が上昇に転じることで生じる
影響の大きさを物語っている。」

「米政策金利は現時点で1.5%であり、
インフレ率を差し引いた実質金利は
いまだマイナスの域にある。
長きに及んだ低インフレ経済からの
脱却の転換点と判断されれば、
金利正常化は一気に進むだろう。
一方で、米企業の収益は好調であり、
金利上昇が直ぐに株価下落に
つながるかどうかは分からない。」

ポイントは2つ、ひとつは金利水準云々
よりも
“長期金利が上昇に転じた時”
こそ株価が乱高下しやすい
もうひとつは金利が上昇しても
企業業績が堅調ならば株価は
下落しない
ということです。
このような観点から最近の相場を
見ると分かりやすいと思います。

それでは、また来週!

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>は毎週明けに2銘柄ご紹介!
企業業績が好調かつ株価が割安で、
相場の急落時にも復元力がある銘柄を配信!
過去10年の全銘柄実績を公開中!
オンライン投資家に配慮した良心的な
投資顧問料を設定しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。