FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

正直に言えば、米トランプ大統領に
ついて触れたくはありません。
彼は自分のことしか考えない単なる
パフォーマーということがはっきり
わかってきたからです。
しかしながら、彼が世界経済の先行き
のほとんどを握っている状況では
無視することもできません。

確かにトランプの中国への主張の
一部には正しい部分もあります。
しかし、日本に対する彼の主張は
全く論外です。
現在、米国は日本の輸入車(乗用車)
に2.5%の関税をかけていますが、
一方で日本は米国の輸入車に
一切関税をかけていません
それでも、米国で日本車が多く売れ、
日本では米車が売れていません。

理由は至極簡単です。
日本車は米国の消費者に受け入れ
られており、反対に米車は日本の
消費者に受け入れられていないから
です。
要するにメーカーがその努力をして
いるかどうかの問題であり、
この程度のことは小学生でもわかり
ます。
ただ、彼はこのことでも日本に責任が
あるとイチャモンを付けているのです。

そして、自動車・自動車部品の
輸入関税を25%まで引き上げると
息まいています。
ただ、世界も米国内も彼の思うように
はならないでしょう。
早晩、米国の産業界や労働者、
そして消費者から反トランプの大合唱
が起こるはずです。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>は毎週明け大引け後に2銘柄配信!
トランプ政策に株価が影響を受けにくい
買い銘柄を推奨!!

過去10年の全銘柄実績を公開中!
オンライン証券で売買するネット投資家に配慮
した良心的な会費を設定しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。