☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近の相場下落(※2006年5月現在)でストレスが
溜まっている投資家の方もたくさんいると思います。
このような時期は目先を見るのではなく、
3ヶ月先、6ヶ月先を見るようにしたらいかがでしょうか。
また、今週末は浅草の三社祭ですので、
威勢のいい神輿でも見て、気分転換をするのも
よいでしょう。

ところで、最近
IR活動(インベスターリレーション)
が各社定着してきました。
投資家に対して大変丁寧に応対してくれる会社も
たくさんありますが、中には形だけ作って、
全く魂が入っていない会社も多くあります。

まず、
IR部署があっても専任スタッフがいない会社
が結構あります。
総務部長や経理部長、広報室長などが兼務している
ケースで、ほとんどの場合は彼らは多忙で
なかなか話をすることができません。
決算発表や重要情報が出された直後には、
当然ながら問い合わせが増えることが予想されるのに、
何の対応もとらない会社が多いのも気になります。
問い合わせが多いと思われる時だけでも経理部などに
応援を頼むのも簡単5時間という会社もありました。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
ひどい会社になると
問い合わせは電話では一切受け付けず、
メールとFAXのみというところもあります。
FAXのない投資家やメールを使えないお年寄りは
どうしろというのでしょうか。
特に
株価が下落して株主が心配している会社に限って、
IRがひどい会社が多い

のです。
こんな会社の株は直ぐにでも手放したいと思っても、
含み損が大きく、
泣く泣く保有しているケースも多くあるでしょう。

業績の浮き沈みは仕方がないにしろ、
上場会社は
投資判断に資するきちんとした情報を提供
し、また、
投資家の疑問に対して可能な限り答える
のが義務です。
会社のIRの姿勢が経営者の考え方を反映
しているとも言えるのです。
従って、株を買い付ける前には、
その会社のIR部署に電話
して、
きちんと対応してくれるか
どうかチェックしてみるのもひとつの方法かも
しれません。

それでは、また来週!

■実体験コーナー
今期業績予想がほぼ出揃いました。
「銘柄発掘ナビ」フリーセレクトで、
経常増益率10%以上PER20倍以下の条件で検索
してみてください。
その中で当社の割安度1と2が狙い目です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp
(無料サンプルは日経225銘柄が対象、会員サイトは
全上場銘柄が対象です。)

■当社の「投資助言サービス」
下値不安の小さい堅実な銘柄を紹介しております。
投資顧問料も格安、成功報酬も一切ありません。
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型>…運用資金は問いません。
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>…運用資金1,000万~5,000万円対象です。
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク