☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週(※2006年5月27日現在)、
某都銀の市場関係者が
日経平均は13,500円まで下がる
と自信を持って発言していました。
それを聞いて、やっと来るべきものが来たと
一安心しました。
なぜならば、
上昇相場時に極端な強気論が、
下落相場時に極端な弱気論
出れば、
相場は転機を迎える
ことが多いからです。
かつてのバブル期には、
日経平均4万円の手前で10万円説がまことしやかに
囁かれ、
その直後に相場はあえなく終焉しました。
ここで極端な弱気論が出てきましたので、
相場はそろそろ底打ちになるというシグナル
なのです。

ところで、
銘柄選択の際の基本的な指標はPERですが、
銘柄選択する際には、
PERの予想値
を用いるのが基本です。
3月決算銘柄で言えば、
4月に入れば新たな期のPER
を用いるのが一般的です。
ところが、
各企業が決算発表で
新しい期の予想数値
を出すのは
大方5月中旬から下旬
にかけてです。

従って、
会社側の予想値がない4月から決算発表までの
1~2ヶ月間
は、
四季報の予想数字と首っ引きで銘柄探し
をすることになるわけです。
ところが、いざ決算発表してみると
増益予想が大幅減益というケースが結構あり、
四季報の予想を信じたばかりに痛い目に遭った
という投資家も出てくるわけです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<携帯版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
携帯電話上で、割安株スクリーニングができます。
「比較的短期で値上がりが期待できる」当社の推奨銘柄を
毎日更新。また、
会社発表に基づき、割安指標や財務データは日々更新
詳しくはこちら↓
http://value-search.co.jp/syosai_m.htm
=======================================
四季報作成者も全上場会社を訪問し、リサーチ
するのは物理的に難しく、主に
アンケートの形でリサーチしているようです。
しかし、
中には彼らのアンケートに答えない(答えられない)
会社もあり、その場合は、
前期と変わらないような差し障りのない数字を
入れざるを得ないことも多いのだと思います。
そもそも四季報が4,000銘柄近くを完全にフォロー
することは不可能だと思います。
また、
個人投資家も四季報の予想数値をチェック
するのは簡単ではありません。

従って、
会社予想がない時期

確信の持てない銘柄には手は出さない
ということでしょう。
会社予想が出揃った今こそ、チャンス
なのです。

それでは、また来週!

■実体験コーナー
今期業績予想が出揃いました。
「銘柄発掘ナビ」フリーセレクトで、
経常増益率10%以上、PER20倍以下の条件で検索
してみてください。
その中で当社の割安度1と2が狙い目です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp
(サンプルは日経225銘柄が対象、会員サイトは
全上場銘柄が対象です。)

「投資助言サービス」
格安の投資顧問料、成功報酬は一切ございません。
<銘柄紹介型>・・・運用資金は問いません。投資顧問料は、
(1年間コース) 月額4,375円(税込)
(6ヶ月間コース) 月額5,250円(税込)です。詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>・・・契約期間は一律1年間です。投資顧問料は、
(1,000万円コース) 月額8,750円(税込)
(3,000万円コース) 月額17,500円(税込)
(5,000万円コース) 月額26,250円(税込)
詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト