☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

幸先の良いスタートを切った巨人軍ですが、
いつのまにか最下位争いをする羽目になって
しまいました(※2006年7月現在)。
けが人続出が原因と言うけれども、プロである以上、
そんなことは言い訳にはなりません。
井口選手や城島選手がいなくなったソフトバンクは
毎年首位争いをしているのです。

なぜ、巨人軍が短期間で凋落したのでしょうか。
本日は、原采配を
ポートフォリオ運用
に例えて考えてみました。
原采配は、ポートフォリオで言えば、
外国株をコアにして、回りを新興株で固める
というものです。
外国株とは、外国人選手や他球団からの移籍選手であり、
新興株とは勿論若手選手のことです。
イ・スンヨプ、小坂(元ロッテ)、アリアス(元阪神)など
他球団からきた選手を非常に高く評価すること、
それに未知の若手選手を多用することがその特長です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
☆また、推奨銘柄に関するご質問を会員様専用メールで
お受けします!(2007年7月より新サービス追加)

詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
プロですから、お金に物を言わせて他球団から
有望選手を集めるのも当然ですし、
思い切って若手を抜擢するのも必要なことです。
しかし、
問題なのはそのバランス
です。
ポートフォリオで言えば、
実績のある国内割安株
もしっかりと組み入れる必要があったということです。
彼の個人的な感情もあるのでしょうが、
ここが
勝負の分かれ目
になったと見ています。

ところで、国内割安株とは
仁志であり、清水であり、また、原巨人のスタート
とともに巨人を去った元木などの生え抜きの選手たち
です。
確かに彼らはここから多くの成長は望めませんが、
実績と安定感
は若手の比ではありませんし、
また、ほとんどの移籍選手にも負けません。
もし彼らをきちんと評価していれば、
多少けが人が出ても、こんなドタバタ劇には
ならなかった筈です。

今年は新興株が大幅に値下がりし、
新興株一辺倒の投資家は大分痛手を受けました。
同様に、実績のない若手選手や外人部隊に
多くの比重をかけるとチームが不安定になるのは
当り前のことです。
ポートフォリオを組成するときは、
新興株のみならず、
実力ある割安株もきちんと組み入れて
リスクヘッジをする

ことが重要なのです。
今年の新興市場が、そして巨人軍が
改めて教えてくれました。

それでは、また来週!

■当社の「銘柄発掘ナビ」は当社独自の
スクリーニングソフトはじめ投資戦略
や推奨銘柄など5つのサービスで構成されています。
会費は1ヶ月3,150円と格安です。詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク