FC2ブログ

☆底打ち感が出ない新興市場

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨晩、セ・リーグの優勝の行方が気になって
NHKのスポーツニュースを見ましたら、
何とトップニュースはセ・リーグ天王山ではなく、
女子プロゴルフでした。
プロ野球の興隆とともに育った世代としては
何とも寂しさを禁じえず、
一方でプロ野球がここまで凋落した大きな原因が
あると感じざるを得ませんでした。

現在の新興市場(※2006年9月現在)を
プロ野球に例えるのはやや無理がありますが、
新興市場の低迷にも大きな原因がある
という意味では共通しています。
現在の低迷は単に
相場が悪いという次元の問題だけでなく、
根本的な問題があると思います。
従って、株価が半値になっても、3分の1になっても
一向に底打ち感が出てきません。

一番大きな原因は
ベンチャー企業育成という国策を旗印に、
新規公開の門戸を開放し過ぎた

ことにあると思います。
従って、新興市場は銘柄数ばかり多く、
残念ながら
魅力的な銘柄は極めて少ない
のが現状です。
本当に成長性のある銘柄はさっさと新興市場を卒業し、
一部市場に鞍替えしています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が
「割安株への投資を推奨する理由」はこちら↓
http://value-search.co.jp/employment-unyou.htm
=======================================
また、
ディスクロージャー面(情報公開)で不十分
な銘柄も多くあります。
売上や利益の規模が小さいため業績のブレも大きく、
大幅増益予想が一転して大幅減益というのも
日常茶飯事です。
こうなると投資どころか、
丁半ばくちの世界
でもう怖くて手が出せません。
また、
出来高が少なく値動きが激しい
ことをいいことに、
マネーゲームに利用された
ことも相場の回復を遅らせている大きな要因です。
一部の専門家やマネー誌が面白おかしく
煽り立てたつけが回ってきたということでしょう。

IPO銘柄もまともではありません。
公募価格を高く決めたがる証券会社、
公開時には何の根拠で買っているのかと
首をかしげたくなるようなはしゃぎぶり、
しばらくすれば風船がつぶれたように急落です。
創業者は高値で売り抜け、
ババを掴むのはまたしても個人投資家

です。

最近は、新興市場が低迷しているから
中小型株は当面駄目だという見方が多くなって
いますが、
この見方は正しいとは思いません。
要は新興市場であろうと、大型株であろうと
根拠のない銘柄を買えば痛い目に遭う
というだけの話しです。

それでは、また来週!

■バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
『割安の根拠が明確な割安株』が発掘できます。
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
当社の推奨銘柄や投資戦略など、5つサービスで構成。
お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース