☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

中間決算の発表が本格化しています
(※2006年10月28日現在)。
決算書(決算短信)
を見る目的はあくまでも
値上りが期待できる銘柄を探す
ことですので、
その全てを読み込む必要があるわけ
ではありません。
いくつかのポイントをチェックし、
その上で疑問点があれば詳細を調べる
というアプローチになります。

まずは
決算短信の表紙ページ

全ての重要な数字が凝縮
されていますので、
この部分を丹念にチェックします。
この中でも
経営成績
が最も注目すべき数値
であり、
二つの観点からチェックいたします。
ひとつは
「前期比の伸び率はどの程度か」、
もう1点は
「会社の計画通りに進捗しているか」
ということです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型>1年間   運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full_entr.htm
=======================================
まずは
売上高、経常利益、純利益
について
前期比伸び率をチェック
します。
売上高、経常利益、当期純利益の
全てが前期比プラス
ならば特に問題はありませんが、
反対に全ての数値がマイナスなら
ほとんど検討に値しない銘柄と言えましょう。
ただ、必ずしもこのような単純なケースばかり
ではありません。

例えば、
売上高、経常利益は前期比プラスだが、
純利益はマイナス
の場合
は、
特別損益
についてその内容をよく調べた上で判断します。
売上高が前期比マイナスだが、
経常利益、当期純利益はプラス
の場合は
事業内容の見直しを行った可能性
もあり、
セグメント情報
などをチェックします。
また、
売上高は前期比プラスだが、
経常利益、当期純利益はマイナス
の場合は、
売上高に対して
コスト
が上昇したということであり、その詳細を
チェックします。

次に
売上高、経常利益、当期純利益

会社の計画通りに進捗しているか
をチェックします。
進捗状況のチェックが不可欠なのは、
株価は会社計画の数字を織り込んで
形成されているからです。
従って、会社計画より上ブレすれば株価は上昇し、
反対に下ブレすれば株価は下落するのが
一般的なのです。
ただ、会社計画より上ブレしても、
材料出尽くしで売られるケース
も結構あります。
このような銘柄を静かに狙う
のが
大変効率的な投資
と言えます。

それでは、また来週!

■当社「銘柄発掘ナビ」では、
材料出尽くしで売られた銘柄の中から
有望な銘柄
も推奨します。
会費は1ヶ月3,150円の格安なサービスです。
詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/webnavi/
無料サンプル(日経225銘柄)はこちら↓
http://value-search.co.jp/index.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク