☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日本株は相変わらず冴えない動きです。
(※2006年11月現在。)
世界同時株高の中で
日本株だけが取り残されており、
なぜ、なぜ、という声が
市場に溢れています。
確かに今年だけで日米の株価を比べてみると
日本株は下落
米国株は史上最高値を更新
と明暗がはっきりしています。

しかし、2年間というレンジで比べてみると
興味深い数字になります。
実は、米国株は大分上がっているように
感じますが、
昨年1年間はほとんど横ばいの動きでしたので、
2年前と比べるとたった15%の上昇
に過ぎないのです。
それに比べて、
日本株は昨年の1年間で40%上昇しましたので、
現在と2年前と比べても
36%も上昇
しているのです。
即ち、1年間だけで見ると
日本株はかなり出遅れているように見えますが、
2年間で見ると
米国株よりはるかに上昇している
のです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が使用する
「8つの割安指標」の用語解説はこちら↓
http://value-search.co.jp/description.htm
======================================= 
ここで改めて、
日本の株式市場における悪材料
を羅列してみたいと思います。
まずは、
4兆6千億円前後まで積み上がった裁定買い残、
新興市場が年初来安値更新中、
今年下半期の企業業績は
前年同期比3~5%のマイナス予想、
株式譲渡益税の軽減税率の廃止、
個人消費の低迷、
年内における利上げ懸念、
そして、
ここでまた円高トレンドという悪材料
が加わってきました。

このような多種多様な悪材料を織り込んだ上で、
今の水準にいるということは、
逆説的に言えば
日本株が強いという証左
なのかもしれません。
それとも悪材料と言われているものが
大した悪材料ではないということかも知れません。

昨年の上昇率があまりにも高かったので、
今年は調整の年と見ると現在の相場が
よく理解できます。
そして、今年調整すれば、
来年はファンダメンタルズがよい日本株が
大いに期待できると思われます。
このような厳しい時期は、目先の動きよりも
大局的な視点で相場を見るのがよいでしょう。
「昨年は大幅高、今年は調整、そして来年は再上昇」、
これがわが国の相場の大きな流れと
考えたらいかがでしょうか。

■当社ソフト「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
当社の推奨銘柄や投資戦略など、5つサービスで構成。
詳細はこちら↓日経225銘柄限定の無料サンプルあり。
http://value-search.co.jp/syosai.htm

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト